人気ブログランキング |

やまなしの情報や看板犬の日常を南総里見八犬伝ならぬ南都留富士見4犬伝でリポートします。


by someday3601
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

A Summer Place Percy Faith

d0161933_22591114.jpg
この夏もまた忘れられない出逢いがありました。仕事をさせていただくだけで夢のまた夢なのですから他に望ものない中で、7年ぶりにお逢いした方や冬しか逢えない人たちが夏にいらした事。どれひとつとっても感慨深いのです。またドッグランド サムデイとしましては白芝のトニーとの出逢いがありました。12年前ゲゲゲの女房が過労で倒れ救急車で運ばれたのが今日と同じ8/31日でした。以来我が家では9月1日の防災の日よりも重要な日となりました。そして翌年に現れたのが森の妖精ニーナ(紀州犬MIX)でした。森の木に繋がれていました。そして昨年暮れにまたもゲゲゲの女房は心肺停止で救急車で搬送された。翌年であるこの夏に現れたのがトニー(白柴犬)です。コテージ横の森から出てきました。27日に保護したのがニーナならば12日に保護したのがトニーと名前のつけ方まで一緒になっています。加えてこじつけのようですが久がジョン化してしまった。舌のあざは先述しましたが体重もこの半年で10Kg増えて体つきも顔も・・・声や性格までも強くなりジョンになってしまい、トニーが白い犬であることや日本犬であることでどことなくニーナに似ているのです。このカルテット・・・大型犬と中型犬・小型犬・・・・毛色のバランス・犬種のバランスなど以前と類似するところが多いわけなんです。
d0161933_23313087.jpg
そんなわけで新生ホスト犬&ホステス犬のカルテットを今後共宜しくお願いいたします。
d0161933_23332893.jpg
そんな8月31日のリクエストは

映画『避暑地の出来事』よりパーシー・フェイスで

A Summer Place『夏の日の恋』でチェケラウト!!

   





by someday3601 | 2015-08-31 23:28

d0161933_16015482.jpg
トニーは生きる!息る!活きる!

健康診断の結果トニーはフィラリアの陽性反応が出た。心臓に成虫が潜んでいる。今すぐにはどうでもないがほっておけば血流に重大な影響を及ぼし、腎臓始め多臓器不全で死んでしまうことになるだろう。これからの治療は所謂みんなが毎年蚊の出る5~11月に毎月飲んでいるやつを一年中3~4年間行います。その際に駆除されたフィラリアが血管につまらないように血管膨張剤と消炎剤でショックを起こさないように適宜行うことになります。トニーを刺した蚊が別の犬をさした場合にフィラリアは移ります。ですからうちに来る犬はフィラリアの予防は必要です。みなさん普通にやっていると思いますが宜しくお願いいたします。お金がかかることや手間がかかるとか人間の理由で捨てられてしまったのでしょうか・・・・それでもトニーは生きている。毎日思いっきり泣き叫んで息もしている。そしてペンションの看板犬として活かされている。必要とされている居場所がある。トニーがどうしてここにきたのかはわからないが元の飼い主を探しているのは確かです。時間がかかっても探してあげようと思っている。仮に最後の最後でもほんの一瞬でも。そもそもすべての犬がある意味里親なのだから。ここでの生活が楽しくて探すことを忘れてしまったとしても・・・・・浦島太郎が竜宮城をあとにして玉手箱を開けてしまうとしても・・・それを拒むことはできないのです。


by someday3601 | 2015-08-28 16:44 | ホスト&ホステス犬

カナヘビ

d0161933_11384358.jpg
数年前に溶岩で石垣を作りました。その上に義母から頂いたワイルドストロベリーと吾郎さんに頂いたイワシャジン、それにスイセンとクロッカスを植えました。その石垣の住人がカナヘビ君です。なかなか動きが俊敏でピンボケですが。最初に君にあったのは小学1年生の時に長崎に疎開?していた時。理由はまあFAMILY HISTORY 第二弾で親父の戦後編で。その時長崎の小学校が集落や東シナ海を見下ろす高台にあった。お城のように石垣が積まれその上に校舎があった。その石と石の間から顔を出しては最初に出迎えてくれたのがこのカナヘビ達だった。横須賀の浦賀から長崎に引越しました。なんだか幕末の頃を思うとき、彼の地住んでいたということが今となっては心時めきます。そして妻のルーツが会津にもあり自分のルーツが薩摩にあったのもまた感慨深いものです。でも最近あまり見かけなくなったこのカナヘビ君ですが改めて調べてみました。


カナヘビ
馴染み深い存在のためか地方や年代によりペロちゃん、カガミッチョ・カガメッチョ・カナゲッチョ・カナチョロ・カナメッチョ・カナンチョ・カネチョロ・カマゲッチョ・カラメッチョ・チョロカゲ・トカゲ・カランキョ・カベチョロ・カマチク・カマチコなど多くの呼称がある。また本種をトカゲと呼びニホントカゲをシマトカゲ、あるいはカナヘビと呼ぶ地域もある(栃木県など)。なお「ニホンカナヘビ」という和名日本爬虫両棲類学会(外部リンク参照)の2002年10月6日総会で承認採択された標準和名であるが、過去の文献では専門書・一般書をとわず単に「カナヘビ」と表記しているものも多い。カナヘビの語源については詳細不明であるが、可愛いらしい蛇の意で「愛蛇(かなへび)」と呼んだという説がある。

なるほど確かに日常の生活のなかによく見かけたし、転校で緊張していたこころを和ませてくれたのはこの子達だった。ところで子供の頃にトカゲを捕まえた時にシッポが切れてしまって申し訳ない思いをしたことありませんか。どう言う意味があってどのような仕組みで再生されるのかを・・・文献にて改めて知りました。


ネズミ、イタチ、ヘビ、トリなどの小動物は、トカゲを襲(おそ)って食べてしまうおそろしい敵(てき)です。これらの動物がトカゲのしっぽを捕まえると、しっぽは取れてしまいます。そのときの刺激(しげき)で、取れたしっぽの筋肉が働いてしばらくピクピク動きますから、敵がそれに気をとられているうちにトカゲはやぶの中に逃げてしまいます。どうやら、自分の体の一部を犠牲(ぎせい)にして逃げのびるための作戦らしいのです。これは自切(じせつ)と呼ばれています。それでは、トカゲは意識(いしき)して自分でしっぽを切っているのでしょうか。そうではありません。トカゲのしっぽにあたえられた刺激が脊髄(せきずい)(脳のすぐ後からはじまり背骨のなかにある重要な神経組織(しんけいそしき)。外からの刺激にたいして筋肉、器官(きかん)などに運動を命令する)に伝わると、意識しなくても筋肉がちぢみ、しっぽは勝手(かって)に切れてしまうのです。このように、意識とは関係なしに起こってしまう動作を反射(はんしゃ)運動と呼んでいます。目に物体が近づくと私たちがとっさに目を閉(と)じてしまうのも反射運動の一種です。一方、トカゲに麻酔(ますい)をかけると、刺激をあたえてもしっぽは切れません。神経が眠(ねむ)っているから反射運動が起きないのです。しっぽが切れるためには、骨や筋肉がきれいに切断(せつだん)されなければなりません。実は、しっぽを形づくっているたくさんの骨のそれぞれ真ん中あたりに割(わ)れ目が入っており、筋肉がちぢむと簡単にはずれてしまうのです。ですから、骨と骨のつなぎ目(関節)で切れるわけではありません。骨がはずれるとき筋肉も同じ場所で切れますが、切れ目はちょうどゆで卵の花形切りのようなギザギザな切り口になります。切断後は血管の内がわの壁(かべ)にあるふた(弁(べん))が閉じられ、また切り口の筋肉がちぢむため血はほとんど出ません。うまくできているものですね。切れた所からは、まもなく新しいしっぽが生えてきます。このことを再生(さいせい)とよんでいます。しかし、新しいしっぽはたいてい前にあったものより小さく、時にはいびつな形をしています。野外では、このように少し変形したしっぽを持ったトカゲをたくさん見ることができます。また、新しいしっぽの骨には自切のための工夫がこらされていないので、つかまえても二度と自切はおきません。自切はトカゲだけでなく、ヤモリ(尾)、カニ(はさみ)、バッタ(うしろ足)、ザトウムシ(足)=クモににた足の長い虫で、林の中に住んでいます=などいろいろな動物で見られます。




by someday3601 | 2015-08-26 12:02 | WILD LIFE

母の生まれた日

今日は自分の母の誕生日だ。誰かが言ってた100回のメールより一本の電話。10本の電話より会いに行けと。今日はお客様を見送った後に芦川の吾郎さんの手伝いをした。奥さんの薫ちゃんが90歳の誕生日なのであります。プレゼントと甲斐の開運の純米吟醸を・・・・おめでとう薫さん!薫さんにお茶呼ばれるのが嬉しいから元気でいてね。8月24日は大好きな薫ちゃんとゴールデンレトリバーの久の母犬の誕生日であり母の誕生日でもありとてもおめでたい日なのです。今年で77歳になりました。そんな話をしていたら吾郎さんがお母さんに持って行ってやれとトマトや茄子、スイカや葡萄まで持たせてくれました。そうゲゲゲの女房の気遣いで明日一日遅れで誕生日に会いに行きます。


 誰かが言ってた・・・・親孝行とマザコンを一緒にしてはいけないと・・・・そもそもマザコンなどと口走る女こそが実は自分の子供をマザコンにしているのだ。そして悲しいかな呪縛が溶けた瞬間に見捨てられてしまうのです。自分が親や祖父母を大切にしなければそれを見て育った子供が出来るわけがないのです。だから世の中の女性諸君よ寛大であれそして自身を持て。妻は妻であって時として母である。しかし母は母であって一時だって妻にはなれないのだから。


まあそんなどうでも良い持論はさておき母が生まれた昭和13年8月24日はこんな日でした。東京大森の羽田空港上空で、民間機2機が空中衝突し、市街地に墜落して搭乗の5人は即死します。その後搭乗者を救出しようと、近隣の工場の工員や住人ら100数十名が集まった時に、ガソリンに引火し大爆発となり、死者85人、負傷者45人という、羽田空港開港以来の大惨事となります。確か横須賀生まれだから京浜急行で大森も近いからどんな気持ちで祖父母はいたのか知る由もがな。

d0161933_22532090.jpg
写真はジョンが埼玉の病院に通院していた時に撮った写真です。久も小さいです。
2年前にジョンが亡くなった時も一緒に悲しんでくれた・・・ゲゲゲの女房が心肺停止で救急車で搬送された時も一番に駆けつけてくれたのは母豊かでした。8/24はそんな母の誕生日です。




by someday3601 | 2015-08-24 22:57 | ゲゲゲの親父

予感

d0161933_15181014.jpg
YBS山梨放送の和泉アナウンサーと・・・・この方は優しさがにじみ出ています。目尻に笑いジワが・・・資質というのでしょうか?育ちというのでしょうか?そういう人っていますよね。自分は眉間にシワタイプですから・・・・残念!!

d0161933_15180345.jpg
テレビ観ていたら近所のトマト農園が出ていたので車で2分でハイポーズ!!
しかし生中継は間に合わなかったので記念写真だけいただきました。

d0161933_15180608.jpg
やっぱりしめは・・・・てててTVです!!
てててTVはYBS山梨放送 月曜から金曜夕方4:20分から4:53分生中継です。
https://www.ybs.jp/tv/tetete/


by someday3601 | 2015-08-22 15:29 | テレビ出演
d0161933_15081351.jpg
ロバート・ブラウン2本プラスお洒落グラス
d0161933_15080895.jpg
                   イオンの商品券2000円
d0161933_15075854.jpg
サーカスと日帰り温泉のチケット2枚は前回と一緒。妹の名前であたり合計6枚です。米久さまさま


by someday3601 | 2015-08-22 15:13 | Prize life(懸賞生活)
d0161933_15081351.jpg
ロバート・ブラウン2本プラスお洒落グラス
d0161933_15080895.jpg
                   イオンの商品券2000円
d0161933_15075854.jpg
サーカスと日帰り温泉のチケット2枚は前回と一緒。妹の名前であたり合計6枚です。米久さまさま


by someday3601 | 2015-08-22 15:13 | Prize life(懸賞生活)

FAMILY HISTORY

NHKでFAMILY HISTORYなる番組があります。とても興味深い。我々の祖先はあのチンギズ・ハーンが築いたモンゴル帝国の侵略を二度も防ぎ。応仁の乱や・疫病・大飢饉・戦国時代にも生き残り、近代においては日清・日露戦争に勝利した。太平洋戦争においては大東亜共栄圏を拡大した。大東亜共栄圏(文献抜粋)(だいとうあきょうえいけん、Greater East Asia Co-Prosperity Sphere)は、欧米諸国(特に大英帝国アメリカ合衆国)の植民地支配から東アジア東南アジアを解放し、東アジア・東南アジアに日本を盟主とする共存共栄の新たな国際秩序建設を目指した、第二次世界大戦における日本の構想である。敗戦間近の各地での焼夷弾空襲や広島。長崎の原爆の中も生き抜き、そして高度成長を成し遂げたそんな人たちを祖先に持ちます。生き残った者たちの子孫なのです。

自分の祖先や先輩が何を成し遂げたのかもいいですが、どう生き切ったのかを知ることそして家族に伝えることは大事なことのように思います。ノンポリとかしらけ世代と言われた僕らですが戦争という罪と罰は後世に語り継がねばならないと思います。

いつの世も今の若い奴らは何考えているのかわからん!!と若者を指して言った。15、6の頃は一番荒れていたのでしょうか尾崎豊でしたね。停学中に担任が定期的に家庭訪問に来た。自分のこと言われるのは分かるが、親父と戦争の是非について語ってた。戦争反対ラブピースみたいな正論ぶちまけて・・・・関係ないだろう・・・お茶なんか飲んでないで早く帰れはと思ってた。担任は勉強は出来るのだろうけど人間的には・・・・・・。この後自分が更生したの少なくとも学校は関係なかった。3年B組の金八先生はいなかった。当たり前だよね・・・そもそも学校でこれは良くないことだなどと教える場ではない、問題は家庭にあって学校は勉強する場所なのだから。面倒は御免だから厄介者なわけ。

でもあの時の親父の心境はどうだっただろう。戦争当時は思想・言論・メディア統制されていていやがおうもなかったはずだった。じゃあ先生よあんたのオヤジはどうしてた?あんたも同じ時期に生まれていたならば・・・・これからはともかくも過去のことは教訓にするしかないのだよと。親父やその祖父たちが日清日露に勝利し、太平洋戦争もまさか日本が負けるわけないと信じてやまない当時の時代の産物ならば、担任は担任で学生運動に参加した世代だからこれもまた時代の産物だったのだろう。そしてノンポリとかしらけと言われた自分たちは担任からすればもっと許せなかったのかもしれない。

去る8/5はそんな父親の誕生日だったのと広島・長崎・終戦記念日のある8月だから少し書いてみました。長崎で生まれましたがルーツは薩摩です。大園(おおぞの)という名は現在の鹿児島に多いです。名前は勲(いさお)やはり当時は勇とか勇敢な名前が世相をあらわしていたのでしょう。自分の親父の最終学歴も知りませんが長崎の三菱造船所で電気設計技師をしていました。お国のため家族を守るために赤紙を待たずに軍隊に志願しました。上官から相当殴られたそうですが身長が180CMあったのでなかなかビンタが届かなかったみたいです。笑い。水戸の駐屯地などにいて家族は長崎ですから休日に誰も面会に来ないので休暇を売ってお金儲けをしたそうです。軍隊にはなんでもあって・・・酒もタバコも女も・・・電気技師をしていた為か電気に詳しいものだから司令部にいたそうで最終的には見習い将校だったそうです。そしていよいよ特攻隊で出撃する間近に終戦を迎えました。もういつ零戦に乗って出撃命令が出るかわからないので女遊びもしたし気持ちを高揚させるためにヒロポン(覚せい剤のよな)を打っていたそうです。

終戦後は進駐軍がきて軍隊で表彰されたときの銀時計など全て没収されたそうです。そして宮城(皇居)に行き、おそらく天皇陛下に負けたことをお詫びしにそして先に逝って軍神となった仲間を弔ったのです。そして今の上野の地下街でホームレスに助けられたと聞いています。まあ空襲のあとだからどこもかしこもホームレスで溢れていたのでしょうが。戦争は絶対起こしても参加しても巻き込まれてもいけない。父親の故郷は長崎なので被爆者の親族も多い。ただもう多くは他界しているが過去の過ちを教訓に戦争の悲惨さを伝えなければならない。自分は幼少期に横須賀で育ったので叔母がアメリカ人の主人と結婚している。将に戦後日本の平和の象徴だろう。でもあえて言わせてもらうならば今の世の中で焦臭いのは先の大戦で勝利した戦勝国の面々だろう。今もどこかで軍事介入したり、空爆したり、領海空侵犯したり、植民地的経済支配したりする。いつも言うがこの場合その国の人々を指すのではなく一国のリーダー達を指すものである。そしていつの世もしっぺ返しは民衆であり戦争に翻弄されてしまうのでした。

 軍隊で洗脳されお国のために家族のためにと命をかけたものの、終戦後は生き残ったことへの罪悪感や家族や仲間・家や会社やその全てを失った喪失感、戦犯扱いで苦しんだ・・・・シルベスタ・スタローン主演映画『ランボー』のジョン・ランボーのように・・・・・そんな父親の生きていれば89歳の誕生日でした。当然ながら戦争のことはあまり話したがらなかった。でも今はもっと知りたかったし聴きたかった!青春時代の親父がどう思いどう生きていたのかを・・・・あした死んでしまうってどんなだったのか?家族が戦死するって?原爆の恐ろしさを・・・・
 

by someday3601 | 2015-08-06 22:53 | 爺論好論(じろんこうろん)

FAMILY HISTORY

NHKでFAMILY HISTORYなる番組があります。とても興味深い。我々の祖先はあのチンギズ・ハーンが築いたモンゴル帝国の侵略を二度も防ぎ。応仁の乱や・疫病・大飢饉・戦国時代にも生き残り、近代においては日清・日露戦争に勝利した。太平洋戦争においては大東亜共栄圏を拡大した。大東亜共栄圏(だいとうあきょうえいけん、Greater East Asia Co-Prosperity Sphere)は、欧米諸国(特に大英帝国アメリカ合衆国)の植民地支配から東アジア東南アジアを解放し、東アジア・東南アジアに日本を盟主とする共存共栄の新たな国際秩序建設を目指した、第二次世界大戦における日本の構想である。敗戦間近の各地での空襲や広島。長崎の原爆の中も生き抜き、そして高度成長を成し遂げたそんな人たちを祖先に持ちます。何を成し遂げたのかもいいですが、どう生き切ったのかを知ることそして家族に伝えることは大事なことのように思います。ノンポリとかしらけ世代と言われた僕らですが戦争という罪と罰は後世に語り継がねばならないと思います。




by someday3601 | 2015-08-06 22:52 | 爺論好論(じろんこうろん)
d0161933_11172789.jpg
d0161933_11172000.jpg
d0161933_11173334.jpg
d0161933_11173713.jpg
d0161933_11174510.jpg
d0161933_11200017.jpg
d0161933_11200613.jpg
d0161933_11201225.jpg


by someday3601 | 2015-08-06 11:21 | WILD LIFE