人気ブログランキング |

やまなしの情報や看板犬の日常を南総里見八犬伝ならぬ南都留富士見4犬伝でリポートします。


by someday3601
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

地味にコツコツ

d0161933_00020977.jpg
アサヒで地元スーパーの商品券」GET

d0161933_00012576.jpg
キリンで1000円分のポイントGET
d0161933_23590008.jpg
マックスバリュー&MEIJIのコラボ
d0161933_23574281.jpg
ネスレのドッグフード ピュリナがあたりです。
d0161933_00030183.jpg
オギノ&&MEIJIのコラボで2000円の商品券GET

まだまだついているようです。




by someday3601 | 2015-05-28 00:09 | Prize life(懸賞生活)
d0161933_23211078.jpg
梟・・・・フクロウは、夜行性であるため人目に触れる機会は少ないが、その知名度は高く、「の物知り博士」、「森の哲学者」などとして人間に親しまれている。木の枝で待ち伏せて音もなく飛び、獲物に飛び掛かることから「森の忍者」と称されることがある単独またはつがいで行動し渡りは行わない夜行性で昼間は樹洞や木の横枝などでほとんど動かず目を閉じで休息している。夕方から活動を始めるが、日中に行動することもある。冬場の獲物が少ない時や強風や雨天が続いた場合は昼間でも狩りを行ったり、保存した獲物を食べる。森林内の比較的開けた空間や林縁部などの樹上で獲物を待ち伏せて、首を回しながら小動物の立てる物音を察知し獲物を見つけると羽音を立てずに軽やかにふわふわと直飛し獲物に近づく。足の指を広げて獲物の背中に突き立て、獲物を押さえつけて締め殺す。目は人間の10-100倍ほどの感度があるとみられていて、目で遠近感をつかめる範囲は60-78と広いが、視野は約110度と狭く、これを補うためには上下左右約180度回り、真後ろを見ることができる。体を動かさずに首だけで約270度回すことができる。発達した顔盤は小さな音を聞くアンテナとしての機能があり。左右の耳は大きさが異なり位置も上下にずれているため、音源の位置の方向と距離を立体的に認識することができる聴覚が発達しており、音により獲物の位置を特定し、雪の下にいるノネズミや地上付近のトンネル内を移動しているモグラやヒミズを仕留めることができる食性動物食で、ネズミや小型の鳥類を食べるが、モグラヒミズなどの食中類モモンガリスといった小型のカエルなどの両生類爬虫類カブトムシセミなどの昆虫なども食べる

ギリシャ神話において、フクロウは女神アテーナーの象徴であるとされる。知恵の女神アテーナーの象徴であることから転じて知恵の象徴とされることも多い。民話童話においては、森林の長老や知恵袋の役割としてフクロウがしばしば登場する。かの人気映画ハリーポッターにも登場しますね。



by someday3601 | 2015-05-26 23:46 | WILD LIFE

鵺の鳴く夜は恐ろしい

d0161933_22140872.jpg
恠鳥奴延鳥(ぬえ)は、日本伝承される妖怪あるいは物の怪である。平家物語』などに登場し、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビ「ヒイーヒイー」という、女の人のすすり泣くようにも聞こえることから不気味なものとされた。映画「悪霊島」(原作 横溝正史)のキャッチフレーズ、「鵺の鳴く夜は恐ろしい」とはこのことである。

d0161933_23020097.jpg
元来、鵺(や)はキジに似た鳥とされるが正確な同定は不明である。「夜」は形声の音符であり、意味を伴わない。鵼(こう・くう)は怪鳥とされる。日本では、夜に鳴く鳥とされ、『古事記』『万葉集』に名が見られる。この鳴き声の主は、大で黄赤色の鳥と考えられたが、現在では、トラツグミとするのが定説である。この鳥の寂しげな鳴き声は平安時代頃の人々には不吉なものに聞こえたことから凶鳥とされ、天皇や貴族たちは鳴き声が聞こえるや、大事が起きないよう祈祷したという『平家物語』にある怪物はあくまで「鵺の声で鳴く得体の知れないもの」で名前はついていなかった。しかし現在ではこの怪物の名前が鵺だと思われ、そちらの方が有名である。この意が転じて、得体の知れない人物をいう場合もある。幕末~明治の会津の新島八重は鵺と呼ばれたていたといいます。


by someday3601 | 2015-05-26 23:05 | WILD LIFE

耳を澄ませば・・・・

d0161933_21340978.jpg
今夜も捕食するもの、されるものたちのサバイバルが繰り広げられる。
夜鷹

平地から山地にかけての森林草原などに生息する。渡りのときには日本海の離島でもよく観察され、海岸の岩場に止まっていることもある。夜行性で、昼間は樹上で枝に対して平行に止まり休む。抱卵中に危険を感じると翼を広げて威嚇する。鳴き声は大きく単調な「キョキョキョキョ、キョキョキョキョ」。鳴き声からキュウリキザミやナマスタタキ、ナマスキザミなどの別名もある。

食性は動物食で、昆虫などを食べる。口を大きく開けながら飛翔し、獲物を捕食する。開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。準絶滅危惧に指定されています。そんな夜鷹が今夜も騒がしい。

d0161933_22040798.jpg

江戸時代、街頭で商売する私娼を夜鷹といった。宮沢賢治の童話『よだかの星』では、主人公のヨタカが他の鳥たちから地味で醜い鳥と揶揄されている。
d0161933_22040275.jpg


by someday3601 | 2015-05-26 21:47 | WILD LIFE

耳を澄ませば・・・・

d0161933_21340978.jpg
今夜も捕食するもの、されるものたちのサバイバルが繰り広げられる。
夜鷹

平地から山地にかけての森林草原などに生息する。渡りのときには日本海の離島でもよく観察され、海岸の岩場に止まっていることもある。夜行性で、昼間は樹上で枝に対して平行に止まり休む。抱卵中に危険を感じると翼を広げて威嚇する。鳴き声は大きく単調な「キョキョキョキョ、キョキョキョキョ」。鳴き声からキュウリキザミやナマスタタキ、ナマスキザミなどの別名もある。

食性は動物食で、昆虫などを食べる。口を大きく開けながら飛翔し、獲物を捕食する。開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。準絶滅危惧に指定されています。そんな夜鷹がペンション周辺でも声を聞くことができます。残念ながら夜行性のため写真は撮れないので声だけ。



by someday3601 | 2015-05-26 21:46 | WILD LIFE

耳を澄ませば・・・・

d0161933_21340978.jpg
今夜も捕食するもの、されるものたちのサバイバルが繰り広げられる。
夜鷹

平地から山地にかけての森林草原などに生息する。渡りのときには日本海の離島でもよく観察され、海岸の岩場に止まっていることもある。夜行性で、昼間は樹上で枝に対して平行に止まり休む。抱卵中に危険を感じると翼を広げて威嚇する。鳴き声は大きく単調な「キョキョキョキョ、キョキョキョキョ」。鳴き声からキュウリキザミやナマスタタキ、ナマスキザミなどの別名もある。

食性は動物食で、昆虫などを食べる。口を大きく開けながら飛翔し、獲物を捕食する。開発による生息地の破壊などにより生息数は減少している。準絶滅危惧に指定されています。そんな夜鷹がペンション周辺でも声を聞くことができます。残念ながら夜行性のため写真は撮れないので声だけ。



by someday3601 | 2015-05-26 21:46 | WILD LIFE

上芦川のすずらん祭り

d0161933_23244666.jpg
笛吹市芦川町の源流域に広がるすずらんの群生地には、貴重な「ニホンスズラン」種が自生しています。これだけ群生しているのは全国的にも珍しく、山梨県の自然記念物に指定されています。葉陰に隠れて咲く姿が可憐で、爽やかな香りとともに訪れる人の心を優しく包んでくれます。
そんなすずらんの見頃に併せてイベントを開催します、皆さんぜひお越し下さい。
開花情報はこちらからどうぞ
○期日:平成27年5月30日(土)・31日(日)
○時間:9:00~16:00
○場所:すずらん群生地大駐車場
※イベント期間中は中型バス(11人乗り)以上1台2,000円の駐車料金がかかります。

d0161933_23241628.jpg
やはり見頃は来週ですね。
d0161933_23240298.jpg
ペットは入園できませんのでご注意ください。
入り口付近で雰囲気だけハイポーズ!!

d0161933_23242516.jpg
芦川の該当はすずらん型で可愛らしいです。
d0161933_23243806.jpg
マンホールだってこの通り!!それもそのはず・・・旧芦川村の花はすずらんで木は白樺です。

文献より


花名の鈴蘭(スズラン)は、その花姿が鈴のように見えることにちなみます。ヨーロッパでは5月の花として愛され、フランスでは5月1日にスズランの花をプレゼントすると幸せが訪れるといわれています。また、フランスでは花嫁にスズランを贈る風習もあるそうです。

スズランの花言葉は、

「再び幸せが訪れる」「純粋」「純潔」「謙遜」


※西洋での花言葉・英語 Language of flowers

「return of happiness(再び幸せが訪れる)」「sweetness(優しさ、愛らしさ)」「humility(謙遜)」「purity(純粋)」

一般に出まわっているスズランはヨーロッパ原産のドイツスズランです。日本に自生するスズランに比べて花が大きく、香りも強いのが特徴です。


それでは今宵のリクエストはダーク・ダックスで『すずらん』でおやすみなさい。

こちらミニチュア・ダックス


by someday3601 | 2015-05-21 23:30 | 山梨の観光物産

大神・狼・WOLF


d0161933_15334807.jpg
自分はよく一匹狼とか言われるけど・・・・自営業ならば皆そうなんだ。・・・ほんとうのところオオカミは一匹では生きてゆけない。パートナーを見つけて仲間と群れてこそ狩りを成功させるし縄張りを守ることができるのだそうです。そう言う意味では興味深いものがある。従って一匹狼はのたどる道は前途多難である。自分も妻を亡くしかけて滅びる夢をみました。
d0161933_20090777.jpg
最近イノシシや鹿・猿が増えて農産物や林業に・・・・ひいては生態系をも脅かしている。人間の手によって粛清されなければならない。しかし猟師の減少と高齢化でもはやお手上げといったことはどこにでもある話だ。あのアメリカのイエローストーンではハイイロオオカミを復活させ生態系が戻った。鹿や猪などの頭数が減ったことでビーバーも戻ってきたそうである。
d0161933_20180234.jpg
文献より

三峯神社(みつみねじんじゃ)は、埼玉県秩父市三峰にある神社旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社

秩父神社宝登山神社とともに秩父三社の一社。拝殿の手前には珍しい三ツ鳥居がある。を守護神とし狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座している。

d0161933_20502175.jpg

山犬信仰(三峯講)

三峰信仰の中心をなしているものに、御眷属(山犬)信仰がある。 この信仰については、「社記」に享保12年9月13日の夜、日光法印が山上の庵室に静座していると、山中どことも知れず狼が群がり来て境内に充ちた。法印は、これを神託と感じて猪鹿・火盗除けとして山犬の神札を貸し出したところ霊験があったとされる。

また、幸田露伴は、三峰の神使は、大神すなわち狼であり、月々19日に、小豆飯と清酒を本社から八丁ほど離れた所に備え置く、と登山の折の記録に記している。

d0161933_20502796.jpg
先述の案件からオオカミを山に放してはどうかとまことしやかにいわれます。それはそうと霊験あらたかな秩父三峯神社への参拝に行きたいものです。

今宵のリクエストはウルフルズで・・・やっぱし『ガッツだぜ!!』
d0161933_20091366.jpg
d0161933_20092113.jpg
三峯神社はパワースポットですがドッグランド サムデイもパワースポット!!
鹿の角・蛇の皮・スズメバチの巣・水晶・犬そのものが邪気を払う動物です。訪れるお客様の健康と厄除け、旅の安全を見守っています。自分自身の曽祖父は僧侶なのでいろんな意味でパワースポットなのかもしれません。

d0161933_08123265.jpg

by someday3601 | 2015-05-09 18:23 | WILD LIFE

あたりあたり

d0161933_00003458.jpg

by someday3601 | 2015-05-01 00:00 | Prize life(懸賞生活)