やまなしの情報や看板犬の日常を南総里見八犬伝ならぬ南都留富士見4犬伝でリポートします。


by someday3601
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

杵臼之交(しょうきゅうのまじわり)

d0161933_17534914.jpg

河口湖の大石公園を過ぎたところにヤマザキのコンビニがあります。道の拡幅工事に合わせてガソリンスタンドと旅館を閉めて新たにコンビニを向かいに移転し、貸しコテージを3棟建設中です。以前大石地区の観光協会長などされていた町の名士の方の家です。先般ピアノを頂きましたがその時に臼も頂きました。

杵臼之交(しょきゅうのまじわり)
身分をこだわらずに人付き合いをすること。「杵臼」はきねとうすのこと。
中国の後漢の時代の公孫穆は、学費を稼ぐために呉祐の家で雇われて、きねとうすを使って米をついていた。
あるとき呉祐が公孫穆に話しかけてみると、高い学識があることに驚き、その後は主従を越えた付き合いを結んだという故事から。

まさに自分のようなよそ者相手に・・・・といったところでしょうか。それで御正月に向けて昨年末に餅月をしようとしましたが臼にひびがはいっており・・・・断念しました。というのは餅月をされた方ならおわかりでしょうが水やお湯を張ったりしますし・・・ついたもち米が隙間に入り込んでしまう為です。ですから杵をホームセンターに買いに行こうとしましたが・・・・諦めました。おそらく樹齢100年くらいのケヤキなのでテーブルとか椅子にでもしようかと考えています。
d0161933_18143296.jpg

そんなときに超常連さんのTOKYOのイタグレのグリニトさんから毎度毎度の搗きたての御餅を送って頂きました。ありがたいありがたい。御蔭さまで御雑煮やあべかわ・御汁粉などして御正月気分を味わうことが出来ました。お客様をお迎えする我々がこのようにお客さまに良くしてもらっては・・・・・ある意味杵臼之交でしょうか。
d0161933_18145956.jpg

そして吾朗丸からは豆餅を頂き、先般はアイリスオーヤマのこだわり御餅があたり贈られてきました。

 杵臼之交(しょきゅうのまじわり)いい言葉です。自分は漢詩も好きでしたし、三国志も好きです。

最期にもうひとつ
臼って書き順分かりますか?この年になるまで分かっていませんでした。ヒントは六角です。

[PR]
by someday3601 | 2016-01-29 18:18 | ゲゲゲの親父