人気ブログランキング |

やまなしの情報や看板犬の日常を南総里見八犬伝ならぬ南都留富士見4犬伝でリポートします。


by someday3601
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

鵺の鳴く夜は恐ろしい

d0161933_22140872.jpg
恠鳥奴延鳥(ぬえ)は、日本伝承される妖怪あるいは物の怪である。平家物語』などに登場し、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビ「ヒイーヒイー」という、女の人のすすり泣くようにも聞こえることから不気味なものとされた。映画「悪霊島」(原作 横溝正史)のキャッチフレーズ、「鵺の鳴く夜は恐ろしい」とはこのことである。

d0161933_23020097.jpg
元来、鵺(や)はキジに似た鳥とされるが正確な同定は不明である。「夜」は形声の音符であり、意味を伴わない。鵼(こう・くう)は怪鳥とされる。日本では、夜に鳴く鳥とされ、『古事記』『万葉集』に名が見られる。この鳴き声の主は、大で黄赤色の鳥と考えられたが、現在では、トラツグミとするのが定説である。この鳥の寂しげな鳴き声は平安時代頃の人々には不吉なものに聞こえたことから凶鳥とされ、天皇や貴族たちは鳴き声が聞こえるや、大事が起きないよう祈祷したという『平家物語』にある怪物はあくまで「鵺の声で鳴く得体の知れないもの」で名前はついていなかった。しかし現在ではこの怪物の名前が鵺だと思われ、そちらの方が有名である。この意が転じて、得体の知れない人物をいう場合もある。幕末~明治の会津の新島八重は鵺と呼ばれたていたといいます。


by someday3601 | 2015-05-26 23:05 | WILD LIFE