人気ブログランキング |

やまなしの情報や看板犬の日常を南総里見八犬伝ならぬ南都留富士見4犬伝でリポートします。


by someday3601
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

昔はよく見かけたあれ

昔はよく見かけたものでしたが・・・・昭和40年代頃今のさいたま市当たりでも雑木林があって椚の木にカブトムシやクワガタなど昆虫がざわざわしてました。首都圏のベッドタウンで宅地開発が急ピッチで行われ・・・・結果自然が無くなってしまった。男の子にとって昆虫採集は一生懸命で・・・・夏休みには誰よりも早起きして出掛けたもんさ。でも夏の終わりにだんだん弱ってゆく彼らを目にするのはとても悲しくて寂しい物があって・・・・結局森に返してあげました。何十年もたってもなお時々昆虫採集の夢を観るのはどうして・・・・・ちなみに僕の高校時代の友人はだいぶ前から2階の部屋をつぶしてクワガタなど繁殖してるらしい。子供の時からの夢なんだって。そういえば数年前昆虫キーホルダーを仕入れて夏休みに子供向けに販売しましたが、買ったのは殆ど大人でした。
d0161933_08716.jpg


カナブン(金蚊)は、コウチュウ目コガネムシ科ハナムグリ亜科に属する昆虫であり、やや大型のハナムグリの一種である。ただし、近縁の種が数種あり、さらに、一般にはコガネムシ科全般、特に金属光沢のあるものを指す通称として「カナブン」と呼ぶ場合もある。アオドウガネなどの緑色を帯びた中型のコガネムシを指して「かなぶんぶん」と呼称することがある。関西から四国にかけては「ブイブイ」という呼び名がある。

ナナフシで~~~す!!枝ににせた擬態です。痩せたカマキリで釜がない感じ。
d0161933_23382066.jpg

ナナフシ(七節、竹節虫)は、節足動物門昆虫綱ナナフシ目に属する昆虫の総称。草食性の昆虫で、木の枝に擬態した姿が特徴的である。「七節」の「七」は単に「たくさん」という程度の意味で、実際に体節を正しく7つもっているわけではない。「竹節虫」は中国語由来の表記。

d0161933_004364.jpg

 
 この蝉は結構小さく・・・・ゴールデンウイーク明けから梅雨の晴れ間に鳴いている。春蝉って奴か?今度調べてみます。
by someday3601 | 2011-07-23 00:08 | WILD LIFE